トラック運転手への【おすすめプレゼント】と選び方

読者さん

お世話になっている人がトラック運転手なんですが、プレゼントで何かいいものありますか?

運転手さん

気持ちがあれば何でもいいんじゃないの。

ヒロ

確かにそうですが、これでは答えになっていませんね。
そこで、トラック運転手が日常どんなアイテムを使っているか見て行きましょう!

この記事の内容

おすすめプレゼント5選

①Bluetoothイヤホン

②サングラス

③日焼け止め

④安全靴・インソール

⑤プロテイン

詳しいプロフィールはこちら

目次

トラック運転手へのおすすめプレゼント①Bluetoothイヤホン

トラック運転手は、運転中電話が掛かってくることがあります。

運転中の電話は罰則の対象となるため、トラックを止めて通話をしなければなりません。

そんなとき役立つのがBluetoothイヤホンです。

多くのトラック運転手がBluetoothイヤホンを使用しています。

Bluetoothイヤホンは通話の他、音楽やYouTubeなども聞くことができ、運転を楽しいものにしてくれています。

そんなBluetoothイヤホンですが、色々と種類があります。

Bluetoothイヤホンの種類

読者さん

どれを選んだらいいの?

ヒロ

種類があるので、自分のスタイルに合ったタイプを選ぶといいよ!

完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンは、イヤホンの左右を繋ぐケーブルが無いのが特徴です。

コンパクトで軽量モデルが多く、断線したり絡まったりする心配がありません。

ですがその反面、落としたり失くす恐れもあるので、自分の耳の大きさや形に合った物を選びましょう!

メリット

  • ケーブルが無いので、断線したり絡まったりする心配がない
  • 軽量でコンパクト

デメリット

  • 落としたり失くしたりする恐れがある
  • 持続が安定しない恐れがある

左右一体型ワイヤレスイヤホン

左右一体型ワイヤレスイヤホンは、左右のイヤホンがコードで繋がっています。

そのため、イヤホンを落としたり紛失したりする心配がありません。

その反面コードで繋がっているので、絡まったり断線するおそれがあります。

低価格の製品が多く、音の遅延が少ないです。

メリット

  • 落としたり、紛失する心配がない。
  • 低価格の製品が多い。
  • 音の遅延が少ない。

デメリット

  • 絡まったり断線するおそれがある。
  • コードをさわったときの音(タッチノイズ)が気になることもある。

骨伝導イヤホン

骨伝導(こつでんどう)とは、振動を骨に伝えて音を認識する方式のことです。

耳を塞ぐ必要がないので、周囲の音(踏切の音やクラクションなど)もよく聞こえます。

耳を塞がず音楽などを聴ける反面、音漏れもするため電車内などの使用は向いていません。

メリット

  • 耳を塞がない。
  • 耳内が痛くなったり、かゆくなったりしない。

デメリット

  • 音漏れがしやすい。
  • 周囲の音も聞こえてしまう。

片耳ワイヤレスヘッドセット

左右どちらかの片方の耳に装着するため、周囲の音を聞きながら通話ができる。

音楽鑑賞には向いていない。

メリット

  • 運転中の通話に最適。

デメリット

  • 音楽鑑賞に不向き。

トラック運転手へのおすすめプレゼント➁サングラス

トラック運転手がサングラスをかける理由はいくつかあります。

まず、サングラスは太陽の光を和らげ、視界を良くします。

また、サングラスは紫外線から目を保護するためにも重要です。

皮膚だけでなく、目も日焼けします。

そして、長年紫外線を浴び続けた結果、白内障などの目の病気のリスクが高まっていきます。

ですからサングラスを選ぶ際は、UVカットのものを選ぶ必要があります。

ヒロ

サングラス選びは重要だよ!
下記の記事を参考にしてね!

合わせて読みたい

トラック運転手へのおすすめプレゼント③日焼け止め

トラック運転手にとって紫外線対策はとても重要です。

長時間の運転で肌へのダメージは深刻になります。

日本の車は右ハンドルなので、特に体の右側部分が日焼けする傾向にあります。

紫外線を長年浴び続けると、シミやシワ皮膚がんなどの病気を引き起こす可能性があります。

読者さん

私も紫外線対策の重要性はわかります!

なお、日焼け対策は一年中行うのが基本となります。

トラック運転手へのおすすめプレゼント④安全靴、中敷き(インソール)

トラック運転手は仕事柄、安全靴を履きます。

最近の安全靴は、仕事で履く靴とは思えぬほどファッション性も高く、色々なメーカーから発売されています。

読者さん

安全靴とはなんですか?

安全靴とは、つま先部分に芯が入っている靴の事です。

芯が入っていることで、足を保護してくれます。

芯は銅製が一般的ですが、樹脂で出来ている物もあります。

樹脂は軽いので疲れにくい傾向にあります。

安全靴の主なタイプ

紐タイプ

☆メリット
 靴紐でしっかり足を固定できる。

★デメリット
 脱着に手間がかかる。

マジックテープ

☆メリット
 簡単に脱着できる。

★デメリット
 粘着が弱くなってくる。

ダイヤルタイプ

☆メリット
 ダイヤルを回し締め付け、しっかりフィットできる。

★デメリット
 値段が高め。

安全靴の形状

短靴

☆メリット
軽量で蒸れにくい。

★デメリット
半長靴ほど足首を保護できない。

半長靴

☆メリット
短靴と違い足首まで保護できる。

★デメリット
動きにくく蒸れやすい。

安全靴の機能性

安全靴には様々な機能性を備えたものが多くあります。

長時間の立ち仕事には、軽量の安全靴がオススメです。

ポイントは安全靴の素材をニットを使っている物を選びましょう!

また、安全靴の先芯は樹脂の物を選ぶとより軽量になります。

一般的な安全靴は片足350gほどですが、軽量化されているものは250g前後です。

安全靴の機能性(メッシュ)

一日中安全靴を履いているとどうしても蒸れてしまいます。

そこでオススメするのが、メッシュタイプの安全靴です。

メッシュタイプは通気性が良いので蒸れにくいのが特徴です。

気を付けてもらいたいことは、トラックの洗車のときなど水が靴にかかると染み込んでくるため、注意が必要です。

安全靴の機能性(ゴアテックス)

トラックの洗車時や冬の雪の中の作業時にオススメするのが、ゴアテックスの安全靴です。

ゴアテックスは、防水性や透湿性など性能が高いものが多いです。

その一方で価格が高めなのがネックとなります。

参考に動画を御覧下さい。

メーカーから安全靴を選ぶ

安全靴は色々なメーカーから販売され、スポーツメーカもぞくぞくと参入してきています。

そこでどんなメーカーが人気があるのか?

見ていきましょう!

アシックス

人気No.1のアシックス。

アシックスは日本人の足にフィットすると言われています。

私の周りのドライバーの多くがアシックスを愛用しています。

スポーツで培った技術や機能、現場で働く方の意見を取り入れた安全性が評価されています。

アシックスHP

ミズノ

ミズノ、こちらも人気があります。

私の周りのドライバーはアシックだけでなく、ミズノを愛用している方も多くいます。

ミズノは軽量でソフトな履き心地と言われています。

アシックス同様、デザイン性に優れていながら安全性も高いことがミズノの安全靴が持つ特徴です。

ミズノHP

プーマ

スポースブランドとして有名なプーマ。

そんな技術を活かし製造された安全靴は、グラスファイバーで強化した合成樹脂製の先芯により、つま先をしっかり保護。

さらに付加的性能として、かかと部分に「衝撃エネルギー吸収性」が備わっており、より快適・安全に使用できます。

中敷き(インソール)

会社によっては指定の安全靴が決まっているところもあると思います。

会社から支給される安全靴は、中敷きがペラペラで長時間履いていると、足が疲れて痛くなってきます。

そこでインソールを変えてみてはどうでしょうか?

SIDAS(シダス)・インソール

シダス・インソールは、崩れた3つのアーチ(内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチ)をサポートしてバランスを整え、踏ん張る力が強くなるとのこと。

ヒロ

実際シダス・インソールを使っていますが、足の裏が痛くならず、踏ん張りがきいて、快適に仕事をしています。

*SIDAS(シダス・インソール)

ニューバランス・インソール

ニューバランスのインソールは、厚みを持たせたフォームで高いクッション性があります。

自然な足の動きを促進するため、独自に構造化されたソール設計により、快適な履き心地を提供します。

また、ニューバランスのインソールは、臭気を抑え、摩擦を最小限になるように設計されています。

*ニューバランス・インソール

トラック運転手へのおすすめプレゼント⑤プロテイン

読者さん

プレゼントにプロテイン?

ヒロ

そうです。運転手はパンやおにぎりなど、簡単な食事で済ませることが多いんです。

読者さん

そこでプロテインなんですね!

プロテインは日本語でタンパク質を指します。

タンパク質は筋肉だけでなく、内臓や皮膚、髪の毛、爪など色々なかたちで存在しています。

日本人のたんぱく質の摂取量は年々減少し、高度成長期の前の日本が貧しかった時代と同レベルになっています。

たんぱく質はためておけず、朝食を抜いている人や、卵、肉、魚、大豆などたんぱく質が多い食品を朝食にとっていない人は、たんぱく質が不足している可能性が高いです。

プロテインの種類

プロテインの代表的な種類は3種類あります。

ホエイ、カゼイン、ソイです。

ホエイプロテイン

ホエイ(乳清)は牛乳のタンパク質の一種で、牛乳タンパク質の約20%に値します。

牛乳のタンパク質には必須アミノ酸がバランス良く含まれています。

液体のため、水に溶けやすい性質があり、ホエイの成分中には分岐鎖アミノ酸(BCAA)が多く含まれていることから、筋力や健康状態の維持が期待できます。

カゼインプロテイン

カゼインは凝固するタンパク質。

牛乳から脂肪とホエイを取り除いた残りの不溶性固形成分で、牛乳タンパク質の約80%を占めます。

ホエイプロテインと比べてカゼインプロテインはゆっくり吸収していきます。

ソイプロテイン

ソイ(Soy)とは「大豆」のことで、大豆には油脂のほか、タンパク質が約35%程度含まれています。

ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したもので、植物由来の「大豆タンパク質」がたっぷり含まれています。

植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアも利用効率もタンパク質に負けていません。

種類特徴吸収速度摂取タイミング
ホエイ吸収効率が高い速い運動後
カゼイン体内にタンパク質が長時間補給されるゆっくり就寝前
ソイ健康維持におすすめゆっくり朝食・運動後など

引用元:Morinaga かんたん、わかる!プロテインの教科書

まとめ

おすすめプレゼント

①Bluetoothイヤホン

➁サングラス

③日焼け止め

④安全靴、中敷き(インソール)

⑤プロテイン

いかがだったでしょうか?

この他にも運転手が日常使うアイテムは沢山ありますが、この5種類は特におすすめです。その他のアイテムはまた別の記事で紹介します。

この記事が皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次